Exhibitions

展覧会やイベントの情報をご覧いただけます。

展覧会 2022年10月20日(木)~ 2022年11月10日(木)

菅沼 浩・渡辺 洋一・ 関口 雅樹・小橋 城 グループ展「Four White Lights」

ごあいさつ

雪山と滑る人を長年にわたり撮り続けてきた3人の写真家と
1人の映像作家によるグループ展をM16 Galleryで開催します。
111年前に始まったとされるスキー写真の歴史を振り返ると、
自然環境、滑る人の道具と衣服、それを撮影するための機材や
手段に大きな変化が見られますが、「雪山を滑り、それを撮る」という行為は
何一つ変わっていないと言えます。
“Four White Lights”と題した本展では、雪山の写真を中心に第一線で活躍し続ける
写真家の菅沼 浩、渡辺洋一、小橋 城 、日本における雪山の映像作品の第一人者・関口雅樹が
4人で初めて開催する合同展となります。
菅沼は40年以上立ち会ってきた膨大な撮影の傍に必ず存在している物語性を持った写真を、
渡辺は世界各地で撮影した未発表を含む写真を、
小橋は一年という季節を見つめることによってのみ写し出される写真を、
そして関口は今年22年目を迎える《ebis films》の記録から
3つの映像を本展に併せ制作、それぞれが展示、販売します。

「雪山を滑り、それを撮る」という行為の変わらなさとは裏腹に、
雪の世界を伝え続けてきた雑誌をはじめとしたメディアは年々減少傾向を辿っています。
一方、20年以上前から自らの力で写真集や映像作品の制作及び発表を始め、
現代に適したカルチャー雑誌の発行や意欲的な展覧会を開催し続けているこの4人は今、
何を考え、何を形にし、何を伝え残していこうとしているのか。
4つの白い光が一つの結晶となって挑む本展にどうぞご期待ください。

詳細情報

Vol.1 オープニングトーク

日時:10月22日(土)17:00~18:30
出演:菅沼 浩×渡辺 洋一×関口 雅樹×小橋 城
司会:藤木洋介

Vol.2 記録するということ

日時:10月23日(日)17:00~18:30
出演:渡辺 洋一×関口 雅樹
司会:藤木洋介

Vol.3 表現するということ

日時:11月3日(祝・木)17:00~18:30
出演:菅沼 浩×小橋 城
司会:藤木洋介

予約定員制(各回):35名(着席/先着)

参加費:1,000円(税込)

ご予約:M16Gallery

mail:yoshioka@zeus-gaia.com/Tel:03-5621-9916

※トークショー開催日は16:30までが一般公開となります。

菅沼 浩(すがぬま ひろし)

写真家
1957年
東京都出身
20代でスキーフォトグラファーとしてキャリアをスタート。
現在は湘南に拠点を置き、スノー&オーシャンスポーツを中心に撮影を続けている。
写真展「立山November」(キャノンギャラリー銀座/2013年)開催
写真集“SHAPE OF SNOW” (Raid Works/2018年)刊行
日本スポーツ写真協会理事
国際スポーツプレス協会会員
日本ライフセービング協会・オフィシャルカメラマン

渡辺 洋一(わたなべ よういち)

写真家
1966年
埼玉県出身
北海道ニセコひらふ在住
1996年にニセコウパシプロダクションを設立
写真集に「雪山を滑る人」(実業之日本社/2009年)
「BROAD LIFE SNOW TREE」(マッチアンドカンパニー/2012年) 「雪 森」(UM/2020年)など
映像作品に「ruweシリーズ」(upas films/2001年、2003年、2005年)
写真展に「白い森」(BEAMS B GALLERY/2012年)
「雪 森」(南魚沼市トミオカホワイト美術館/2020年)など
スノーカルチャー・マガジン“Stuben Magazine”の発行人

関口 雅樹(せきぐち まさき)

映像作家
1968年
東京都出身
≪ebis films≫代表
2001年に≪ebis films≫を設立し映像の制作活動を始める。
日本国内の他、カムチャッカ、クリル、アラスカ、グリーンランドなどへの遠征に同行し
スキー、スノーボード、シーカヤック、クライミングなどを題材に作品を制作している。
作品に『icon』シリーズ(2001年~2019年)
『Persona』(2012年)
『presence:40days in Greenland』(2007年)
『deep/shinsetsu』(2009年)
『die schwarze spur/The Black Line』(2012年)など

小橋 城(こばし じょう)

写真家
1974年
東京都出身
写真家でもある父の背中を見て育ち、ニュージーランドでの語学留学を経て、
日本写真芸術専門学校 に入学。
卒業と同時に、写真家・水谷章人に最後の弟子として師事。
その後フリーランスの写真家として活動を始める。
個展に『FACE-the beginning』(CAPSULE/2012年)
『鍋倉の森』(CAPSULE/2018年)
『鍋倉の森』 (飯山市美術館/2020年)など
書籍に『FACE』(桜花出版/2014年)
『鍋倉の森』 (私家版/2018年)など
一般社団法人 日本スポーツ写真協会協会員
国際スポーツプレス協会会員

アクセス

〒135-0041 東京都江東区冬木22-32 森芳ビル1階

M16 Gallery

〒135-0041
東京都江東区冬木22-32 森芳ビル1階

アクセス:東京メトロ東西線 門前仲町駅 1番出口から徒歩8分
東京メトロ東西線 門前仲町駅 5番出口から徒歩10分
都営大江戸線 門前仲町駅 6番出口から徒歩10分

営業時間:Gallery 11:00〜19:00(展示最終日は16:00まで)
SHOP 11:00〜19:00

定休日:月曜日(祝日の場合も休館)(夏季、年末年始の特別休業有り)

Tel:03-5621-9916 Fax:03-6240-3096

■ 東西線から
1番出口を出て深川不動尊赤門を背に左へ、一つ目の信号(青果店が有り)を左へ直進し高速道路下を過ぎ3つ目の信号を渡って(ファミリーマート)を右へ喫茶店ヒロユキの前を過ぎ左手となります。

■ 大江戸線から
6番出口を出ると赤札堂があり右手に見える高速道路下を通り、一つ目の深川一丁目交差点を渡り右へ曲がる。道なりに直進、1つ目の信号(ファミリーマート)を渡り喫茶店ヒロユキの前を過ぎ左手となります。

■ お車で
お車でお越しの際は近隣のパーキングをご利用ください。
ギャラリー付近のパーキングはWebに掲載しております。